「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店 会場レンタルも可!

【 イベントレポート 】

東京初開催!紅茶好きの皆様、お待たせいたしました!『九州和紅茶博覧会 in お台場 ~九州7県のお茶の侍7人衆が大集結~』ライブレポート(15.11/14開催)

2015年12月09日

■ 佐賀県代表

[うれしの紅茶]
太田重喜製茶 太田裕介さん
梶原製茶園 梶原健一さん

太田さん(左)、梶原さん(右)
Wakochaexpo15_009

「うれしの紅茶」は日本人の好みに合う様に作られた嬉野生まれの紅茶。無農薬(または最低限度の農薬の使用)での栽培が行われており、太田さんや梶原さんの茶畑でも化学合成された農薬は一切使っていないそうです。

萎凋(※)後の茶葉と、出来た紅茶の飲み比べ
萎凋と紅茶の飲み比べについて
(※葉をしおらせる工程)

紅茶に含まれる紅茶カテキンや紅茶ポリフェノールには美容と健康に効能があるとされますが、嬉野には「日本三大美肌の湯」として有名な嬉野温泉もあります。うれしの紅茶と嬉野温泉のW効果で”ぷるるん肌”を目指してみるのも良いでしょう。

■長崎県代表

[そのぎ紅茶]
福田園 福田新也さん
中山茶園 中山公輔さん

福田さん(左)、中山さん(右)
福田さん、中山さん

長崎の東に位置する東彼杵町の霧深い山手で作られる伝統の「そのぎ茶」。しかし、紅茶の歴史はまだ浅く、少数精鋭の若手生産者達が切磋琢磨しながら日々紅茶作りの研究をしているそうです。その中で産み出された「そのぎ紅茶」は渋みが少なくさっぱりと飲み口が特徴。他にも枇杷の葉とそのぎの茶葉を混葉発酵させた枇杷紅茶も開発。健康サポート茶・ダイエット茶として試飲コーナーでも大人気でした。(現在特保の取得を進めているそうです)

無農薬で作っているので昆虫もやってきます
無農薬での茶作り

簡易玉露にもチャレンジ
簡易玉露