「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店 会場レンタルも可!

【 イベントレポート 】

東京初開催!紅茶好きの皆様、お待たせいたしました!『九州和紅茶博覧会 in お台場 ~九州7県のお茶の侍7人衆が大集結~』ライブレポート(15.11/14開催)

2015年12月09日

■ 宮崎県代表

[ごかせ紅茶]
宮崎茶房 宮崎亮さん
五ヶ瀬町風土ビジネスアドバイザー 寺本りえ子さん

宮崎さん(左)と寺本さん(右)
宮崎さんと寺本さん

五ヶ瀬町は日本最南端の天然雪のスキー場のある宮崎県北部の小さな町。九州の産地の中では冬場は最も寒い場所と言えます。宮崎さんは五ヶ瀬町のお茶作りのリーダー的存在で、その紅茶はフルーティーな味わいが特徴。宮崎県はお茶の品種登録が最も多い県であり、そこで作られる紅茶もバリエーションに富んでいます。

五ヶ瀬町の美しい映像をバックにトークが進む…
五ヶ瀬町の風景

五ヶ瀬町・原田俊平町長も登壇してPR
五ヶ瀬町・原田町長

■ 鹿児島県代表

[きりしま紅茶]
今吉製茶 今吉耕己さん
[しぶし茶]
堀口園 堀口将吾さん

今吉さん(左)と堀口さん(右)
今吉さん、堀口さん

お茶の一大産地である鹿児島県。スケールの大きな茶園が多く、今吉さんは霧島市溝辺町の標高300mの山間に、堀口さんは志布志市有明の平野部に広大な茶畑を展開しています。今回は今吉さんと堀口さんが共同で「紅ふうき紅茶」を持ってきてくれました。「紅ふうき」は他の県の生産者の方も持ってきていましたが、同じ品種でも飲んでみると地域によって、生産者によって、それぞれ味も香りも異なります。鹿児島の紅ふうきは自然の甘みを感じられる砂糖いらずの紅茶でした。

今吉製茶。広大な茶畑に大型の摘採機が走る。
今吉さんの茶畑

こちらは堀口園。製茶工場を3つ持つ大規模農園です。
堀口さんの茶畑

トークショーの間も試飲カウンターは大盛況
トークショーの間も試飲コーナーは大盛況

生産者のプレゼンを聞いて「その紅茶飲みんでみたい!」と思ったらすぐに試飲カウンターへ。生産者のお茶に対するこだわりや想いを聞いた後でそのお茶を飲むと、また違った深い味わいを感じられます。