「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店

終了 墓マイラー、流行語大賞ノミネート圏内か?!

「墓マイラー列伝」~日本と世界の墓マイラーたちが巡ったお墓を一挙紹介~

2010.10.10
日曜日
ひる
OPEN
12:00
START
12:45
END
15:30
※予定時刻
SOLD OUT!

カルカルで今年3月に開催された「お墓日和」イベントに火がつき、「墓マイラー」が「現代用語の基礎知識」に掲載、さらに天声人語(朝日新聞)、読売新聞、「スーパーモーニング」(テレビ朝日)などテレビ番組でも紹介されるようになった墓マイラーたちがカルカルに再度集結し熱いお墓トークショーを開催!!

墓マイラーブームではメディアにひっぱりだこの「著名人のお墓を歩く」著者のあきやまみみこさんは、お散歩的なお墓参りの楽しみ方を、前回のトークショーで観覧者の度肝を抜いた感動の墓マイラートークを披露してくれた、元祖世界の墓マイラーで「世界恩人墓巡礼」管理人のカジポンさんは、墓マイラーブームの渦中に関西より駆けつけて頂き「墓マイラー」への熱い思いを語ってもらいます。ウェブサイト「珍寺大道場」道主で「ワンダーJAPAN」などで執筆されている小嶋独観さんには、世間で知られていない珍しい墓の紹介を、そして、21世紀のデザイン墓と言われる驚きの「美墓」の紹介も予定しています。

【出演者】カジポン(世界の墓マイラー/「世界恩人墓巡礼」管理人) あきやまみみこ(「著名人のお墓を歩く」著者) 小嶋独観(「珍寺大道場」道主)
大塚崇行(㈱大塚代表取締役社長)
【企画・司会】テリー植田(東京カルチャーカルチャー・プロデューサー)

(出演者プロフィール)

カジポン・マルコ・残月
1967年生まれ。大阪出身。文芸研究家にして“墓マイラー”。芸術や文学を通して味わった感動のお礼を直接作者に伝えるため、10代の終わりから国内外の偉人へ墓巡礼をスタート。1987年、旧ソ連(ロシア)のペテルブルグに文豪ドストエフスキーを訪ねて以来、23年間に1420人を巡礼し、訪問国は五大陸51カ国に及ぶ。近年、NHK『熱中時間』に出演するなど、ラジオ、新聞、雑誌など各メディアで墓巡礼の素晴らしさを訴え続けている。造語“墓マイラー”は『現代用語の基礎知識』(2010年度版)に登録された。著作は『東京・鎌倉 有名人お墓お散歩ブック』(大 和書房)。訪問した全ての墓を掲載したホームページ『文芸ジャンキー・パラダイス』は累計1700万件のアクセス数となっている。

【カジポンさんからメッセージ頂きました!】

「あの人の生き方に勇気を貰った」「この曲の歌詞で救われた」「小説のセリフで前進できた」–そんな風に人生を支えてくれた偉大な先人たちに、いざ、御礼の言葉を伝えに行かん!

あきやまみみこ
街歩きの延長から、ふと始めたお墓巡り。職業・イラストレーターというフツーのインドア派が、故人との対面のリアルに目覚め、お墓アウトドア派に。墓前のリアルを明日への活力に、ゆるゆる、ボチボチ巡っている。若輩者ながらいろんなお墓を巡っているうちに、お墓の写真本『著名人のお墓を歩く』(風塵社)を出版。以降、新聞・雑誌・TVなどで紹介されている。この10月末に監修したお墓の新刊『有名人のお墓めぐり散歩(仮)』(幻冬舎)刊行予定。

小嶋独観(こじま どっかん)
日本のユニークな神社仏閣、ファンキーな神様、不思議な信仰を求めて奔西走の日々。民俗、芸術、宗教、建築、歴史など様々な視点から現代の信仰シーンを照射する珍寺ライター。特に供養習俗には関心が高く、お墓に関しては日本のみならずアジア各地でも調査を敢行している。なぜなら世を忍ぶ仮の姿は石材業界に身を置くお墓のプロだから。ウェブサイト「珍寺大道場」道場主。好きな石種は庵治石。

大塚崇行
昭和42年3月10日生まれ43歳
【職歴】
平成4年4月 ㈱大塚入社
平成17年10月 代表取締役社長就任
今年で創業73年を迎える石材店、㈱大塚の3代目社長
「安心石材店の会」会員
平成22年 全国優良石材店の会 常任理事

関連サイト

当日券ありますので、そのまま来店ください。

お台場・東京カルチャーカルチャーは全席自由席で入場は前売券の整理番号順~当日券の方の順の御入場となります。飲んだり食べたりしながらイベントを楽しめる飲食スタイルのお店で、飲食代は別途必要となります(ビール600・ソフトドリンク390~など)。美味しい飲み物も食べ物多数準備して皆様のお越しをお待ちしております。
(運営・ニフティ株式会社)

このイベントに関連するキーワード

※イベントの時間は予定であり、当日の状況により多少前後する場合があります。