「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店

終了 日本バス友の会 presents バス好き大集合!

やっぱりバスが好き!vol.1 ~バスヒストリーから乗りバス、撮りバス、旅バスまで!~

2011.11.12
土曜日
ひる
OPEN
12:30
START
13:30
END
15:30
※予定時刻
SOLD OUT!
カルカル初のバスファンが集結したイベントが開催決定!バスファン歴の長いメンバーが集結する日本バス友の会の城谷邦男氏さんをはじめとして、日本バス友の会のサイト「バス娘が旅する東京」では、山手線をバスで乗り継ぐレポートを執筆しているバス娘こと宮津嶺さん、バスで巡る奈良の旅を紹介してくれる伊藤壮氏、さらに、バスの降車ボタン収集家であり、「つぎとまります」サイトの管理人であるバスくんも展示&トークで参加頂きます。バスの写真を見ながらバストーク!バスファンたちの熱い交流をお楽しみ下さい!※バスのミニチュアの展示・販売、バスの降車ボタンの展示あり! 【出演者】城谷邦男(日本バス友の会) 高島俊和(日本バスの会)宮津嶺(バス娘/「バス娘が旅する東京」筆者) 伊藤壮(バスでめぐる奈良の旅を紹介) バスくん(バス降車ボタン収集家/「つぎとまります」サイト管理人) 【企画・司会】テリー植田(東京カルチャーカルチャー・プロデューサー)(出演者・プロフィール)城谷邦男(しろたにくにお)1980年、日本バス友の会を設立し、以後30年間事務局長として活躍。出版活動やバスの保存活動など、バス文化の向上に寄与してきた。昨秋、創立30周年を機に事務局長を退任し、現在は顧問として友の会をバックで支えている。高島俊和(たかしまとしかず)友の会創立直後に入会し、会が発行した多くの書籍の編集作業に携わり多大な実績を残している。バス全般に詳しく特に、バスの歴史、地域交通、過疎バスなどに造詣が深い。昨秋には2代目の会長に就任し友の会を牽引している。宮津嶺(みやずたかね)現在大学2年の女性。会員歴は2年だが各地のバスを乗り歩き、友の会のHPで「バス娘(ばすこ)が旅する東京」を掲載中。これは、都バスだけを乗り継いで山の手線を一周するという企画で、全て自分で企画・計画し実施している。

関連サイト

前売券はイープラスにて1人8枚まで購入可能で絶賛発売中!!ファミリーマート店頭ファミポートで予約なし手数料なしで24時間直接その場で買えます。ネット予約の場合はセブンイレブン、ファミリーマートで支払い受け取りすれば手数料無料!!お台場・東京カルチャーカルチャーは全席自由席で入場は前売券の整理番号順~当日券の方の順の御入場となります。飲んだり食べたりしながらイベントを楽しめる飲食スタイルのお店で、飲食代は別途必要となります(ビール¥600、ソフトドリンク¥390など)。美味しい飲み物も食べ物多数準備して皆様のお越しをお待ちしております。(運営・ニフティ株式会社)

※イベントの時間は予定であり、当日の状況により多少前後する場合があります。