「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店

終了 自分の「おバカ道」を信じて突き進むうつけものたちによる、おバカの最前線を是非、ご覧ください!!

ザリガニワークスpresents『おバカ創作研究所vol6』

2015.06.05
金曜日
よる
OPEN
18:30
START
19:30
END
22:00
※予定時刻
SOLD OUT!

あの好き勝手なモノ作りで知られるおバカなクリエイターの夢の共演が、久しぶりにカルカルに帰ってきました!!

今回も勿論、活動報告会や商品即売会、メーカー企画担当必見の共通テーマによるバカグッズプレゼン大会など、おバカてんこ盛りの内容でお送り致します!

つわもの達が挑む今回の宿題は「スナック」と「スマホケース」!!

漫画家・タナカカツキさんをお迎えした前回の宿題「グミ」、「女」では、グミでフグのてっさを作ったり、60ページにおよぶ長編パラパラ漫画を朗読したりと、お客さんも唖然の好き勝手やりたい放題! 今回は果たしてどうなるのか。

そんな今回、お迎えするスペシャルゲストは… な、なんと、あのラーメンズの片桐仁!! これは、今回もかなり奇天烈な内容になりそう…!?

自分の「おバカ道」を信じて突き進むうつけものたちによる、おバカの最前線を是非、ご覧ください!

協賛企業様からのお土産、スペシャルメニューもご用意してお待ちしております。

【出演者】

・片桐仁(かたぎりじん)
1973年生まれ。埼玉県出身。
多摩美術大学在学中に相方・小林賢太郎とともに「ラーメンズ」を結成。
以後舞台を中心に映画・ドラマにも多数出演。
俳優業の傍ら、粘土創作活動も行っており、2013年には渋谷パルコミュージアム・札幌パルコ・大阪UHA味覚糖本社にて個展を開催。
現在までに作品集を3冊出版している。


現代美術二等兵
籠谷シェーン・ふじわらかつひとの2名からなるアートユニット。
お菓子の世界に“駄菓子”があるように、現代美術の中にも“駄美術”があっていいのではと、ちょっと堅苦しい現代美術にクスッと笑えるスパイスを加え、見る人誰もが楽しめる作品を作り続ける。


乙幡啓子
1970 年群馬生まれ・東京在住。ニフティ「デイリーポータルZ」、雑誌「季刊レポ」に脱力系工作記事を連載中。著書「妄想工作」「乙幡脳大博覧会」「笑う、消しゴムはんこ。」絶賛発売中。また妄想工作所名義で「ほっケース」「スペース・バッグ」などの雑貨製作・企画も行う。


ザリガニワークス
「コレジャナイロボ」や「自爆ボタン」「土下座ストラップ」を始めとする玩具の企画開発、デザインを軸にしながら、キャラクターデザイン、作詞作曲、ストーリー執筆等、ジャンルにとらわれないコンテンツ制作を請け負うマルチクリエイティブ会社。著書「遊んでくらす コレジャナイ仕事術(パルコ出版)」

お台場・東京カルチャーカルチャーは飲んだり食べたりしながら楽しんで頂く飲食店です。

全席自由席で入場は前売チャージ券の整理番号順~当日チャージの方の順での入場となります。

1オーダーは必須となります。(アルコール¥500、ソフトドリンク¥420など)。

美味しい飲み物も食べ物多数準備して皆様のお越しをお待ちしております。

(主催・運営:ニフティ株式会社)

※ 金額はすべて税込表記です。

このイベントに関連するキーワード

※イベントの時間は予定であり、当日の状況により多少前後する場合があります。