「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店

終了 「顔ハメ看板ハマり道」出版刊行&2250ハメ記念イベント!

顔ハメ看板ニスト塩谷朋之の『顔ハメ文化論』 文化の日に顔ハメでイイの?!

2015.11.03
火曜日
よる
OPEN
17:30
START
18:00
END
20:30
※予定時刻
SOLD OUT!
来たる文化の日(11月3日)に、顔ハメ看板ニストの塩谷朋之さんのイベント「顔ハメ文化論」のゲストに編集者で都築響一さんをお迎えして送るスペシャル顔ハメトークショーが開催決定!顔ハメ看板ニストの塩谷朋之さんのハマった顔ハメ看板の数は、2250枚に到達。イチ会社員が休日を利用して趣味でネットに投稿し続けた顔ハメ写真がまとまって本になり、新聞やテレビで取り上げられ、ついにはタモリ倶楽部、都築響一さんのメルマガ、ロードサイダーズ・ウィークリーに登場するまでになるという文化革命の軌跡を辿ります。文化的なトークになりますよう祈りながらお台場にお越し下さい。当日は、会場内に顔ハメ展示、書籍の販売も予定しております。 出演:塩谷朋之(顔ハメ看板ニスト) 都築響一(編集者)企画・司会:テリー植田(東京カルチャーカルチャー・プロデューサー)(塩谷朋之・プロフィール)顔ハメ看板ニスト。1983年生まれ。仕事の傍ら顔をハメるべく看板を求めて出掛ける日々。これまでハマって撮った顔ハメ看板の枚数は2250枚以上。2009年より、北海道・東神楽町の夏祭りで毎年行われている顔ハメ看板大会の審査員を務める。2014年、「タモリ倶楽部」に出演し話題に。「顔ハメ看板ハマり道」(自由国民社刊)を出版。(都築響一・プロフィール)1956年東京生まれ。ポパイ、ブルータス誌の編集を経て、全102巻の現代美術全集『アート・ランダム』(京都書院)を刊行。以来現代美術、建築、写真、デザインなどの分野での執筆・編集活動を続けている。93年『TOKYO STYLE』刊行(京都書院、のちちくま文庫)。96年刊行の『ROADSIDE JAPAN 珍日本紀行』(アスペクト、のちちくま文庫)で、第23回木村伊兵衛賞を受賞。その他『賃貸宇宙UNIVERSE forRENT』(ちくま文庫)、『現代美術場外乱闘』(洋泉社)『珍世界紀行ヨーロッパ編』『夜露死苦現代詩』『珍日本超老伝』(ちくま文庫)『ROADSIDE USA 珍世界紀行アメリカ編』(アスペクト)『東京スナック飲みある記』(ミリオン出版)『東京右半分』(筑摩書房)など著書多数。現在、個人で有料メールマガジン『ROADSIDERS' weekly』を毎週水曜日に配信中。

関連サイト

お台場・東京カルチャーカルチャーは飲んだり食べたりしながら楽しんで頂く飲食店です。全席自由席で入場は前売チャージ券の整理番号順~当日チャージの方の順での入場となります。飲食の1オーダーは必須となります(アルコール¥500、ソフトドリンク¥420など)。美味しい飲み物も食べ物多数準備して皆様のお越しをお待ちしております。(主催・運営:ニフティ株式会社)※ 金額はすべて税込表記です。

※イベントの時間は予定であり、当日の状況により多少前後する場合があります。