「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店

終了 日本パクチー狂会・会長 佐谷恭さん登場!

ぱくぱく!パクチーナイト2018 〜閉店から始まる無店舗展開〜

2018.06.05
火曜日
よる
OPEN
18:30
START
19:30
END
21:00
※予定時刻
出演:佐谷恭(日本パクチー狂会・会長) 司会:テリー植田(東京カルチャーカルチャー・プロデューサー)
SOLD OUT!
ぱくぱく!パクチーナイト2018 〜閉店から始まる無店舗展開〜

大人気パクチーイベントが再び開催決定!パクチー料理販売ありマス。

来たぞ!パクチーブーム。

2016年末、その年の日本の世相を反映し象徴する「今年の一皿」にパクチー料理が選ばれました。マスコミ各社はこぞってパクチーの特集を組み、食品会社はパクチー関連製品作りに躍起に。また、多くの飲食店でパクチーメニューを強調する動きが始まりました。

そんな状況にニヤリとする男が。彼の肩書きは日本パクチー狂会・会長。パクチーを薬味から主役へと主張しては失笑され、パクチー料理というジャンルを勝手にでっち上げて世界初のパクチー料理専門店【パクチーハウス東京】を立ち上げた人物です。彼がほくそ笑んだのは、ありえないと酷評されたパクチー料理というジャンルが認められたからではありません。連日満席が続くパクチー料理専門店を、10周年を迎える1年後に閉じる決断を密かにしていたからです。 2017年12月11日、パクチーハウス東京の閉店を予定通り宣言。89日後の翌年3月10日に店舗を閉じました。

そして、さらなるパクチー普及のために無店舗展開を始めると宣言しました。レシピはすべて公開、ノウハウは希望者に伝授。安定した売り上げと利益は全て捨て去り、世界を旅しながらパクチー料理を広めようとしています。 閉店は開店の89倍の労力が必要で、89倍夢がある。安定より飛躍。自分の利益よりパクチーの普及。

パクチーを広めるためにサハラ砂漠や北極へ行ったのは意味とは。ニッチなパクチーを広めるために続けて来たアンチ・マーケティング手法とは。覚悟がない人にはあまりためにならない話を、それなりに面白く語ります。

 

【出演者】佐谷恭(日本パクチー狂会・会長)

【企画・司会・プロデュース】テリー植田(東京カルチャーカルチャー・プロデューサー)

関連サイト

渋谷・東京カルチャーカルチャーは飲んだり食べたりしながらイベントを楽しめる飲食店です。
全席自由席で入場は前売チャージ券の整理番号順の入場となります。
美味しい飲み物も食べ物多数準備して皆様のお越しをお待ちしております。

(主催・運営:イッツ・コミュニケーションズ株式会社)

※ 金額はすべて税込表記です。

このイベントに関連するキーワード

※イベントの時間は予定であり、当日の状況により多少前後する場合があります。