「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店

水族館プロデューサー中村元 presents

中村元の超水族館ナイト2020春 ~儚くて漂う大和の海月かな~(vol.35)

2020.02.16
日曜日
よる
OPEN
17:30
START
18:30
END
21:00
※予定時刻
出演:中村 元(水族館プロデューサー) 【司会】テリー植田(東京カルチャーカルチャー イベントプロデューサー) 【第二部ゲスト】奥泉和也(鶴岡市立加茂水族館 館長)
前売りチャージ券2,500円(税別 飲食代別 1ドリンクオーダー必要)
中村元の超水族館ナイト2020春 ~儚くて漂う大和の海月かな~(vol.35)

テリー植田です。カルカルの超人気イベント『中村元の超水族館ナイト』次回は第35回です〜!

=中村さん、ニュース見ましたよ!サンシャイン水族館がまた大型リニューアルですごいクラゲコーナーつくってるって、もうすぐオープンですね。

中村:『海月空間』な、今度の天空はクラゲの宇宙や! ところがさ、なんとすみだ水族館と京都水族館もクラゲの新展示計画やってたんや。この春同時期にオープンやって(笑)。

=なんと〜!水族館のクラゲ大戦争勃発!

中村:実は去年も、海遊館と名古屋港水族館でクラゲコーナー新設してるし、中国では超巨大クラゲ水槽の競争やし、今なんかクラゲ展示が猛烈に熱いんよ。

=なるほど!それで今回のテーマがクラゲ。しかしなんすか?この「儚くて漂う大和の海月かな」って万葉集的な。中村さんにぜんぜん似合ってないわ。

中村:ナニを言うか〜!水族館プロデューサーの教養の表れじゃ! あのな、クラゲって古事記の中に出てくる生物の中で一番最初に出てくるんやぜ。白兎よりも人よりも、ほとんどの神様よりも先に出てくる。

=マジ?それはまた畏れ多いことで! ところでその神代のクラゲが、この令和の時代にいったいなんでこんな大人気に?

中村:そこや!そのクラゲブームのきっかけこそが、クラゲ水族館とさえ呼ばれる加茂水族館のクラゲ一本槍での大復活!

=なるほど!加茂水族館がクラゲブームの産みの親。そう言えば、村上館長と奥泉副館長には前にもゲストに来てもらったなあ。あれっ!奥泉さん、今は館長なんですね。

中村:うん、前回来てもらったのはどちらもまだ古い加茂水族館時代やったんやけど、お二人とクラゲの頑張りで、クラゲ御殿ならぬクラゲ新水族館が建てられてな。その翌年から奥泉さんが館長に、村上さんは名誉館長になったんや。そういうわけで、今回は前半には、近年のクラゲ展示の魅力を新オープンの比較も含めて。そして、後半には奥泉館長にクラゲ展示の苦労ややりがいを中心に語ってもらおうと思ってる。

=それは楽しみ。何を隠そうボク、水族館ではクラゲコーナーが一番好きなんです。あのフワフワ漂う光景には癒やされるんですわ〜。

中村:それこそ似合わんなあ。テリーちゃんはゴールデン街でも漂って癒やされとき。

=そんなわけで、今回もまたクラゲから中村元ワールドへと極上のトークトリップに漂えそうです。ちょっとしたサプライズも進行中とのこと、また後日お知らせします。お楽しみに!

※チケットの発売開始は、開催日2020年2月16日(日)の1ヶ月前1月16日(木)10:00〜です。席は自由席、当日の開場時にチケット番号順に入場できますので、いい席に座りたい方は早めのゲットをオススメします。

【出演】中村 元(水族館プロデューサー)

【司会】テリー植田(東京カルチャーカルチャー プロデューサー)

【第二部ゲスト】奥泉和也(鶴岡市立加茂水族館 館長)

 

<出演者プロフィール>

中村 元(なかむら はじめ) 水族館プロデューサー。

1956年三重県生まれ。鳥羽水族館でアシカトレーナーから副館長を経て、2002年より水族館プロデューサーとして独立。新江ノ島水族館、サンシャイン水族館、北海道の北の大地の水族館、広島マリホ水族館などを奇跡的成功に導く。現在も国内外の新たな水族館計画をプロデュース中。東京コミュニケーションアート専門学校(TCA)の名誉教育顧問、北里大学学芸員コースで展示学を講義。著書は『水族館哲学』『常識はずれの増客術』など20冊を超え、令和元年には5回目の改訂版となる『中村元の全国水族館ガイド125』を出版した。

 

奥泉 和也 鶴岡市立加茂水族館 館長

1964年山形県鶴岡市生まれ、子どもの頃からの海好きが高じて地元の加茂水族館でアシカの飼育係となる。加茂水族館が入館者数年間9万人と落ち込み廃館の危機に陥っていた1997年、サンゴ水槽で見つけたサカサクラゲを育て展示、なぜか好評を得たことからクラゲ担当を任命される。翌年よりクラゲ展示数日本一を目指し、その5年後には20種類で世界一を達成した。その後の加茂水族館をクラゲ水族館として、入館者数急回復に成功した名物館長村上龍男館長から、クラゲの飼育と展示面で全面的に支える最大功労者として強く信頼される。2014年加茂水族館が新館へとリニューアルした翌年より館長に就任、現在も世界のクラゲ飼育を牽引する現場人であり、「情熱大陸」など様々なメディアで紹介されるクラゲ展示の第一人者。

関連サイト

チケット情報

チケットはイープラスで2020年1月16日(木)朝10時から発売開始!

東京カルチャーカルチャーは飲んだり食べたりしながらイベントが楽しめる飲食店です。
全席自由席で前売チャージ券の整理番号順での入場となります。十分なお席数をご用意していますが全席自由席のため混雑時はご友人同士で隣り合ってお座りいただくことができない場合があります。ご了承ください。
美味しいフードとドリンクを多数用意して皆様のお越しをお待ちしております。

(主催・運営:イッツ・コミュニケーションズ株式会社)

※ 金額はすべて税込表記です。

このイベントに関連するキーワード

※イベントの時間は予定であり、当日の状況により多少前後する場合があります。