「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店

終了 第2弾は7月公開の2作品 『バルーン 奇跡の脱出飛行』 と『17歳のウィーン フロイト教授 人生のレッスン』を取り上げます。

【配信イベント】『ドドンとドイツ!! ~今度は映画deおジャーマン~ 其ノ弐』

2020.07.12
日曜日
よる
OPEN
17:00
START
17:30
END
19:00
※予定時刻
出演:伸井太一/柳原伸洋 ,マライ・メントライン ,神島大輔 ,吉川美奈子
SOLD OUT!
ドドンとドイツ!! ~今度は映画deおジャーマン~ 其ノ弐

様々なテーマから、リアルなドイツを、その愛すべきところもザンネンなところも白日の下に晒す『ドドンとドイツ!!』
ドイツ映画の公開ラッシュが続く今、映画からドイツを探ってみようということで始まった、ドイツ映画シリーズ!!出演陣の萌えと燃えが錯綜した前回に続き、第2弾は7月公開予定の2作品 『バルーン 奇跡の脱出飛行』17歳のウィーン フロイト教授 人生のレッスン』を取り上げます。


バルーン 奇跡の脱出飛行
710日(金)、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー
© 2018 HERBX FILM GMBH, STUDIOCANAL FILM GMBH AND SEVENPICTURES FILM GMBH
配給:キノフィルムズ/木下グループ


17歳のウィーン フロイト教授 人生のレッスン
724日(金・祝)よりBunkamuraル・シネマほか全国公開
© 2018 epo-film, Glory Film
提供・配給:キノフィルムズ

出演は、ドドン・ファミリーの伸井太一/柳原伸洋さんマライ・メントラインさん神島大輔さん夫妻、そして前回が初登場とは思えないほど馴染んでいた、字幕翻訳家の吉川美奈子さん。作品から見えてくるドイツ人気質に歴史や文化、舞台となった町や土地、そして出演俳優について、時に真面目に、時にミーハーにトークを繰り広げます。
今回も映画館に足を運びたくなる(だろう)超強力ラインナップはこちら

ドイツ映画をディ~プに楽しむ 2   吉川美奈子 Minako Yoshikawa
「ドドンとドイツ!!」の2回目です。今回ご紹介する作品は1回目とガラッと変わります。片方は東ドイツが舞台。東ドイツの小物や建物もたくさん出てきます。DDRが大好物という方にとっては、たまらない作品です。もう片方はウィーンが舞台。ブルーノ・ガンツのフロイトは、はまり役です。今回も出演者はとても魅力的。映画を2倍楽しんでいただけるよう、濃~~いネタをご用意して渋谷でお待ちしておりますね。

ドイツの心臓・テューリンゲンなくしてドイツなし!   伸井太一 Taichi Noby (ドイツものライター)
ブルーノ・ガンツのセリフが語るドイツ近現代史 柳原伸洋 Nobuhiro Yanagihara (ドイツ現代史研究者)
「いやぁ、映画って本当にいいもんですね」という水野晴郎氏の言葉が、一層心に染みわたる2020年7月……。このような状況下ですが、実はドイツ映画は「豊作」を迎えているといってよいでしょう。とくにナチズムの過去や東ドイツの歴史をテーマにした作品が多いのです。そして20207月だからこそ、各作品の映り方も、鑑賞者の内面では変化するといえます。とくに家にいる時間が増えたことで、「日常の時間」と「特別な時間」との境界線がぼやけ、上映時間という時間的区切りのある異世界へと誘ってくれる映画は、さらに重要な存在になりました。

最新ドイツ映画で暴露されるドイツおよびドイツ史の本質について
 マライ・メントライン&神島大輔 Marei Mentlein & Daisuke Kamishima
はい、今回はコメディ抜きの2本です。東独からの亡命と晩年のフロイト。真面目なテーマです。が、しかし東独もフロイトも「やりすぎ」でいろいろ歴史的に物議を醸した存在だけあって、映画のストーリーラインをたどるだけで作品テーマの真髄や奥底に至ることができるとは限りません。というわけで、どんな深読みが可能か、そして、峻厳なだけで我々の映画解読が終わるのか、とても疑わしいです。ということで今回もどうぞよろしくお願いいたします。

イベントの様子はツイキャスで配信しますので、遠方の方もご参加頂けます。712日(日)は、お家で出演陣と一緒にドドン!とドイツ映画にハマってみませんか?これから映画を観る方も、観る予定が(今のところ)ないという方も、ご参加を心よりお待ちしております!
ツイッターなどで情報拡散もよろしくお願いします。
ハッシュタグ#ドドンとドイツ

628日に開催した『お名前はアドルフ?』と『コリーニ事件』がテーマの第1弾は、712日までツイキャスで有料配信中です。
こちらもぜひぜひご覧ください。

【出演者】
〇吉川美奈子
字幕翻訳者。金融機関勤務を経て1992年から実務翻訳に、そして2000年から字幕翻訳に従事。3年前からアゲハ蝶のイモムシ飼育にハマり、羽化したアゲハにゲルマンな名前をつけて放すことが生きがいとなっている。
主な翻訳作品は:「帰ってきたヒトラー」「ヒトラーの忘れもの」「女は二度決断する」「ゲッベルスと私」「僕らは希望という名の列車に乗った」「名もなき生涯」「バルーン 奇跡の脱出飛行」「17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン」など。

〇伸井太一
ドイツの製品や文化史のライター。日独協会の「中二病で学ぶドイツ語」講座を活かした『創作者のためのドイツ語ネーミング辞典』(ホビージャパン)、ほかにドイツの製品文化史を扱った『第二帝国』上下巻(パブリブ)や『ニセドイツ』シリーズ(社会評論社)など。
ツイッター: nob_de
〇柳原伸洋
東京女子大学・歴史文化専攻教員(ドイツ現代史)。『日本人が知りたいドイツ人の当たり前』(鎌田タベア氏との共著、三修社)、『教養のドイツ現代史』(田野大輔氏との共編著、ミネルヴァ書房)など。今回、『バルーン 奇跡の脱出飛行』のパンフレットにエッセイ執筆。

〇マライ・メントライン
ドイツ北辺の町キール出身。ドイツ公共放送のテレビ局勤務の傍ら、通訳や翻訳、映像作品(新銀英伝など)のドイツ語監修に従事。最初から日本語で書く、翻訳の手間がかからないお得な存在。ドイツミステリ応援係だが自国の身贔屓はしない主義。
記事サイトはコチラ→マライ・de・ミステリ
ツイッター: marei_de_pon

〇神島大輔
マライ・メントラインの夫。異常なほど第三帝国に詳しいので、それ系の文芸の考証役として地下活動している。というかこんな人がドイツ人と結婚していいのか? ちなみに妻との会話は日本語オンリーだが、議論で一度も妻に勝てたためしが無い(らしい)。400戦無勝の男。まさに逆ヒクソン・グレイシー状態と言えるだろう!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★ツイキャス プレミア配信について★

ツイキャスURLはこちらになります!!

<有料配信の注意事項>

  • チケットを購入する前に、ご自身の通信環境で問題なく動画が視聴できることを必ずご確認ください。
  • スマートフォンやタブレットでの動画の視聴には通信キャリア各社の通信料が別途発生する場合があります。ご視聴はWi-fi環境でのご利用を推奨します。なお発生したデータ通信費用についてはお客さまのご負担となります。
  • 動画の視聴は大量のデータ通信を行うため、通信量が一定の基準に達した時点で通信会社による通信速度制限が行われることがあります。
  • アクセスが集中した場合など、インターネットの通信環境により動画がスムーズに視聴できないことがあります。
  • いかなる場合においても購入後のチケットの払い戻しは致しかねます。あらかじめご了承ください。なお配信サービス会社側の障害やトラブルによって視聴ができなかった場合の問い合わせは配信サービス会社へお願いいたします。
  • イベント終了後14日間までアーカイブ視聴いただけます。それ以降は視聴できなくなりますのでご注意ください。

関連サイト

お席は全席指定席となります。お席によってはご友人どうして並んでお座りいただけない場合もありますのでご了承ください。

なお新型コロナウィルスの感染拡大やそれにともなく公共機関からの指導、ガイドラインやフェーズの変更などにより、イベント開催日の変更・延期、時間変更となる場合があります。あらかじめご了解いただきますようお願いいたします。
(主催・運営:イッツ・コミュニケーションズ株式会社)
※ 金額はすべて税込表記です。

このイベントに関連するキーワード

※イベントの時間は予定であり、当日の状況により多少前後する場合があります。