「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店

終了 渋谷を盛り上げるカルカルリモートYouTube生配信シリーズ第5弾!

カルカルリモート配信【 これからの渋谷を語る5~オンラインとオフラインの融合~】

2020.07.14
火曜日
よる
START
20:00
END
20:45
※予定時刻
出演:松下慶太(関西大学社会学部教授、実践女子大学非常勤講師)、長田新子(渋谷未来デザイン事務局次長)、プロデュース:横山和理(渋谷再開発協会)、進行:横山シンスケ(カルカル店長・チーフP)
SOLD OUT!

カルカルYouTubeチャンネル配信ページ(是非チャンネル登録もよろしくお願いします!)→ https://youtu.be/iKLU7MBc7cA

カルカルがリモート配信でお送りしているカルカルのある我が街「渋谷」を盛り上げる為に始めたトーク+プレゼンYouTube生配信「これからの渋谷を語る」シリーズ。第5回目は渋谷におけるオンラインとオフラインの融合を語ります!

コロナ渦で、会議、イベントの開催から、買い物、飲み会までオンラインであらゆることが普通に行われるようになった。そんな中でこれからのリアルな街はどうなるのか。オンラインとオフラインの融合の研究者、オンラインの街もリアルな街も活性化をしようという活動をしている人に、これからの渋谷の街とオンラインとオフラインの融合をトークやプレゼンで語っていただきます。

YouTubeチャットで質問やメッセージ、コメントも生で受け付けます!

【 出演 】
松下慶太(関西大学社会学部教授、実践女子大学非常勤講師)
長田 新子(渋谷未来デザイン事務局次長)
プロデュース:横山和理(渋谷再開発協会)
進行:横山シンスケ(東京カルチャーカルチャー店長・チーフプロデューサー)

【 出演者プロフィール 】

●松下慶太(まつした・けいた):関西大学社会学部教授、実践女子大学非常勤講師

専門はメディア論、若者論、コミュニケーションデザイン。近年はコワーキング・スペース、ワーケーションなどモバイルメディア時代におけるワークプレイス・ワークスタイル、また渋谷などの都市空間の活動をオンラインとオフラインが相互に作用しあう経験、場としてどのようにデザインされるのかを研究している。また学生とともに地域や渋谷でさまざまなワークショップも実践している。主な著作として『モバイルメディア時代の働き方』(勁草書房、2019)、『デジタル・ネイティブとソーシャルメディア』(教育評論社、2012)など。
松下慶太ツイッター: https://twitter.com/keitamatsu

●長田新子(おさだ・しんこ):一般社団法人渋谷未来デザイン事務局次長

AT&T、ノキアにて情報通信及び企業システム・サービスの営業、マーケティング及び広報責任者を経て、2007年にレッドブル・ジャパン入社。最初の3年間をコミュニケーション統括、2010年から7年半をマーケティング本部長として、日本におけるエナジードリンクのカテゴリー確立及びレッドブルブランドと製品を日本市場で浸透させるべく従事し、2017年に退社し独立。2018年4月より現職。その他、NEW KIDS株式会社代表として、企業ブランド、コミュニティ・アスリート・イベント関連のアドバイザーやマーケター向けキャリア支援活動を行なっている。初の著書「アスリート×ブランド 感動と興奮を分かち合うスポーツシーンのつくり方」(宣伝会議)を2020年5月に出版。
一般社団法人渋谷未来デザイン: https://fds.or.jp/

●横山和理(よこやま・かずのり):渋谷再開発協会常務理事

民間会社で郊外のまちづくり、駅中心のショッピングセンター、渋谷のまちづくりに従事。趣味は旅行だが、国内外どこに行っても商業施設とオフィスビルとホテルと展望台に行って中心市街地をひたすら歩いているだけで、業務出張となんら変わっていない。
1981年早稲田大学理工学部土木工学科卒(都市計画研究室)東京急行電鉄(株)(現東急(株))入社
2007年 東急ライフィア(株)取締役社長
2009年(株)東急セルリアンタワー取締役社長
2016年 現職
渋谷再開発協会インスタグラム: https://www.instagram.com/shibuya_redvlp/

※イベントの時間は予定であり、当日の状況により多少前後する場合があります。