「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店

終了 カルカルリモートYouTubeリモート配信シリーズ14弾は大人気の渋谷駅の鉄道・駅・電車特集5回目で京王電鉄編!

これからの渋谷を語る14~渋谷駅の昔と今とこれから・京王電鉄編 ※鉄道と渋谷駅のマニアックトークもあり!

2021.03.22
月曜日
よる
START
20:00
出演:品田晃広(京王電鉄株式会社 井の頭南管区長)、加藤潔英(京王電鉄株式会社 広報部広報担当)、田村圭介(渋谷駅研究者・昭和女子大学教授)、西 樹(シブヤ経済新聞編集長)、進行:横山シンスケ(カルカル店長・チーフP)【 企画・プロデュース 】横山和理(渋谷再開発協会常務理事)
SOLD OUT!
これからの渋谷を語る14~渋谷駅の昔と今とこれから・京王電鉄編 ※鉄道と渋谷駅のマニアックトークもあり!

下記バナークリックで配信カルカルYouTubeチャンネルページに飛びます。※(是非事前チャンネル登録もよろしくお願いします!)

カルカルがYouTubeリモート生配信でお送りしている我が街「渋谷」を盛り上げる為のトークやプレゼンのシリーズ生配信 『これからの渋谷を語る』。14回目の今回は大好評「渋谷駅と鉄道」特集!東急、JR、メトロに続き、ついに京王電鉄の中の方々をお迎えし、中の人トークや、渋谷駅、京王井の頭線の今昔写真スライドショーや、ディープな駅・電車・鉄道トークをたっぷりとお届けします!!

渋谷が“100年に一度の再開発”と“コロナ禍”という、いま最も激動の時代の渦中にいる中で、渋谷駅や京王電鉄はどう変化してきて、今後どうなっていくのか。

井の頭線の昔話から最新の取り組みまでも紹介しつつ、普段は聞けない中の人ならではの色んな興味深い鉄道面白エピソードトークも交えながら渋谷駅や京王電鉄を楽しく深く掘り下げていきます。

「迷い迷って渋谷駅」著者で渋谷駅研究者の田村圭介さんや、シブヤ経済新聞編集長の西 樹さんの毎回大好評の「中の人面白質問攻めコーナー」や大人気「渋谷駅の謎」プレゼンコーナーなどエンタメコーナーも満載!

YouTubeチャットで皆さんから京王電鉄の中の人に聞いてみたい質問やメッセージも生で受け付けます!こんな機会はホントに滅多にありません!

井の頭線、渋谷駅、渋谷が好きな人、そして鉄道が好きな方々も今回のこの激レアな配信をお見逃しなく!!

【 出演 】

  • 品田晃広(京王電鉄株式会社 井の頭南管区長)
  • 加藤潔英(京王電鉄株式会社 広報部広報担当)
  • 田村圭介(渋谷駅研究者・昭和女子大学教授)
  • 西 樹(シブヤ経済新聞編集長)
  • 進行:横山シンスケ(カルカル店長・チーフP)

【企画プロデュース】

  • 横山和理(渋谷再開発協会常務理事)

【 出演者プロフィール 】

● 品田晃広(しなだ あきひろ):京王電鉄株式会社 鉄道営業部 井の頭南管区長

杉並区出身 1985年入社
京王八王子管区(現:京王西管区)京王八王子駅に配属。めじろ台駅では今では珍しい「手書きの定期券・回数券」の発行を経験し、鉄道員としてデビュー。
1987年11月若葉台車掌区 桜上水派出所(現:桜上水乗務区)車掌として乗務員生活スタート。
1991年6月 若葉台電車区 桜上水派出所(現:桜上水乗務区)運転士となる。
約19年間、乗務員を経験後、2006年10月から約2年間、駅管区で営業主任、PASMOの導入準備、運用開始を経験した。
2008年12月若葉台乗務区へ異動し、乗務主任を経験、相模原線のATC運用開始開始を経験、2010年7月計画管理部 安全担当(現:安全推進部 安全推進担当)本社勤務となる。
2013年7月高幡不動乗務区 助役として現業に戻り、2015年7月富士見ヶ丘乗務区 副乗務区長を経験した。その間には、乗務員用タブレット・点呼管理システム導入PJに参加し、2016年7月から富士見ヶ丘乗務区 区長、2019年7月には現在の井の頭南管区 管区長。
趣味:御朱印集め
京王電鉄

●加藤 潔英(かとう きよふさ):京王電鉄株式会社 広報部広報担当

品川区出身、2002年入社。
鉄道、バス、グループ会社実習を経て、2002年7月に(株)京王百貨店出向。新宿店の婦人靴売場に配属され、販売員として従事。
2004年に当社事業推進部に復職。アクティブシニア向け会員組織事業、子育て支援事業などの新規事業を担当。この頃ようやく、京王沿線の魅力が何なのか、わかり始める。
その後、2010年に経営企画部へ異動。他社との提携案件や事業戦略の企画・立案に従事。2017年に広報部へ異動。企画・環境担当にてオウンドメディアの編集・発行やCSRイベントの企画などに従事したのち、一昨年からは広報担当として、パブリシティ、社内報業務に奔走。
長く新宿勤務であったため、渋谷を回遊することも数知れず。学生時代は渋谷区の「恵比寿ガーデンプレイス」内の飲食店でアルバイトも。結婚を機に京王沿線の魅力をより一層感じる日々。
趣味:野球観戦、鉄道旅など
京王電鉄広報公式ツイッター

● 田村圭介(たむら けいすけ):一級建築士、昭和女子大学環境デザイン学部環境デザイン学科教授。TokyoPlatForm主宰 。

渋谷駅を中心に東京のターミナル駅の空間構造を模型により視覚化している。2019年は山手線全29駅の模型化を研究室で行い発表した。著書に『迷い迷って渋谷駅──日本一の「迷宮ターミナル」の謎を解く』(光文社、2013)、『新宿駅はなぜ1日364万人をさばけるのか』共著(SB新書、2016)ほか
田村圭介ツイッター

● 西 樹(にし たてき):シブヤ経済新聞編集長/みんなの経済新聞ネットワーク代表

兵庫県尼崎市生まれ。青山学院大学入学卒業後、大手PR会社に入社。1988年、花形商品研究所を設立。企業や新商品・サービスのコミュニケーション領域の企画を多数手掛ける。2000年4月、学生時代より継続的にウオッチしていた広域渋谷圏のビジネス&カルチャーニュースを配信する情報サイト「シブヤ経済新聞」を開設。以後、各地に広がりを見せ、「みんなの経済新聞ネットワーク」として海外を含む全120エリア以上に拡大。JFN「日本カワイイ計画。with みんなの経済新聞」(全国16局ネット)コメンテーター。渋谷のラジオ「超!シブヤ経済新聞」パーソナリティー。
シブヤ経済新聞ツイッター

【 企画プロデュース 】

● 横山和理(よこやま かずのり):渋谷再開発協会常務理事

民間会社で郊外のまちづくり、駅中心のショッピングセンター、渋谷のまちづくりに従事。趣味は旅行だが、国内外どこに行っても商業施設とオフィスビルとホテルと展望台に行って中心市街地をひたすら歩いているだけで、業務出張となんら変わっていない。
1981年早稲田大学理工学部土木工学科卒(都市計画研究室)東京急行電鉄(株)(現東急(株))入社
1999年 (株)東急マーチャンダイジングアンドマネージメント(現(株)東急モールズデベロップメント)総務部長
2007年 東急ライフィア(株)取締役社長
2009年(株)東急セルリアンタワー取締役社長
2016年 現職
渋谷再開発協会インスタグラム

主催・運営:イッツ・コミュニケーションズ株式会社

※イベントの時間は予定であり、当日の状況により多少前後する場合があります。